年を取るにつれて人間の皮膚は徐々に弛んでいき、鏡を見るのもだんだん憂鬱になってくるものです。しかし、そんな悩みを解決できる方法があります。それが、リフトアップ整形による若返りです。リフトアップ整形とは顔の端の方の皮膚を切開して、そこから糸を通して皮膚を引っ張り上げることで顔の皮膚のたるみを改善するものです。
代表的な手術としては、頬の肉のたるみを改善するものとなりますが、おでこのたるみ、首の皮膚のたるみなど改善する手術も人気があります。
特に、加齢によって悩む人が多い顔の症例のほうれい線の改善効果を期待してリフトアップ整形を受ける人が多数います。深く刻み込まれたほうれい線は年を取っていることを強く印象づけるものですが、リフトアップ整形を受けることによって、かなり状態を改善する効果が期待できます。
リフトアップ整形は大きく分けると皮膚のみリフトアップするもの、皮下組織の下にあるSMAS(表情性筋膜)を引き上げるもの、骨膜下からリフトアップするものの3種類に分けられます。現在、最も多く用いられている手術方法はSMASからのリフトアップです。
というのも、SMASからのリフトアップは皮膚からのリフトアップよりもたるみの改善効果が期待でき、骨膜下からのものよりも傷跡が目立たず、術後の痛みも少なく済むというメリットがあるからです。
また、リフトアップ整形で満足できる結果を得るためには、手術前にカウンセリングをしっかり受けてから手術をするかどうか決断することがことが大切です。手術法によってのその効果や傷跡、痛みなど、かなりの違いがあるので、素人であっても、リフトアップ整形についての正確な知識を持ってから手術に臨むようにしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です